髪の毛も紫外線から守る

 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

夏になると、髪の毛の枝毛が増えたり、パサパサしてまとまりが悪くなったり、そんな変化がありませんか?

あまり気にされていませんが、紫外線による髪へのダメージは大きく、紫外線を浴びる事により、髪の外側を守っているキューティクルが傷み、壊れ、剥がれます。

すると、枝毛などになってしまい、髪がパサパサしてしまいます。

そして、紫外線は、髪の表面だけでなく、髪の内部で毛幹を構成するケラチン繊維にも浸透し、健康な美しい髪を作る邪魔をします。

スポンサードリンク

これにより、年々じわじわと髪にダメージを与えて、お肌の老化が起こるように、健康な髪を作るサイクルが乱れてしまい、2、3年後の髪へもダメージが及びます。

対策としては、つばの広い帽子や日傘などでガードをしたり、UVカット効果のある髪専用のクリームやオイルなどを使用し、紫外線から守りましょう。

そして、帰宅後は、キューティクルを保護するトリートメントなどで、潤いを補給し、疲れた髪を癒してあげましょう。

また、紫外線を浴びた髪は、ドライヤーなどの熱にも弱くなっています。

イオンドライヤーなどを使用するなど、髪にあまり近づけないように熱を送るなどして、刺激をあまり与えないように気をつけましょう。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク