日焼け対策が必要な理由

 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

今では、日焼け止めクリームなどで、日焼け対策をする事は常識に近くなっています。

美白に関心がない人や、日焼けした肌になりたいと思っている方には、日焼け対策は必要ないのではと考える方もいると思います。

しかし、肌を焼く時も、日焼けケアはとても大切なのです。

日焼けとは、「日光皮膚炎」とも呼ばれ、やけどの一種です。

ケアしないと、水ぶくれになったり、皮膚がんの原因にもなります。

スポンサードリンク

子供は、美白はしないから大丈夫と日焼け対策をしないお母さん方もいらっしゃる様ですが、こまめな水分補給や帽子などで紫外線対策をしなければ、熱中症の原因にもなってしまいます。

できれば、子供にも日焼け止めクリームなどで、肌をガードする方が良いでしょう。

日焼けをする方も、日焼けクリームや日焼け止めクリームなどを使用して、肌を強い紫外線からガードしながら、一気に焼くのではなく、徐々に理想の小麦色の肌になるように、少しずつ日焼けしていくのが良いでしょう。

日焼けした後は、焼いた方も、体全体から水分が失われていますので、ミネラルウォーターで水分補給し、皮膚にもジェルやクリームなどで水分を補給しましょう。

お風呂は、とくに水分が排出されやすいため、日焼けにより、肌に痛みを感じる場合は、低温のシャワーで軽くすませ、できるだけ肌に優しい素材の衣服を着て、充分な睡眠をとるようにしましょう。

とくに外出の多い方、夏の紫外線はお肌、健康に悪い影響を与えます。

美白に関心がない方でも、日焼け対策はきちんとしましょう。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク