途中で諦めがちなセルライトケア

 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

太ももの後ろや、二の腕などの皮膚が、まるでオレンジの皮の様に「ぶつぶつ」としていて、これは何だろう?と気になった事はありませんか?

そのオレンジの皮の様な皮膚の内側には、セルライトという物体が隠れています。

皮膚がまるでオレンジ皮の様に見えるため、別名「オレンジピールスキン」とも言われています。

このセルライトとは、本来、体の外へ排出されるべき老廃物や水分が、運動不足や食べすぎ、老化などで、大きくなったり、量が増えたりします。

そうすると、血管やリンパ管が圧迫されてしまい、押しつぶされ、血行が悪くなります。

スポンサードリンク

血行が悪くなると脂肪細胞が変化し、脂肪組織に排出されなかった老廃物や水分が、脂肪の塊になり、セルライトとして蓄積されてしまいます。

脂肪細胞がセルライトになってしまうと、自然には外に排出されずに体内に残っています。

オレンジの「ぶつぶつ」が一度できてしまうと、元の「つるつる」とした肌に戻ってくれないのはこのためです。

とくに女性に多い、むくみからできたセルライトはしぶとく、一筋縄では落ちてくれません。

しかし、毎日のこつこつと行うケアで「つるつる」の肌を取り戻す事は可能です。

効果が直ぐに出にくいため、途中で諦めがちなセルライトケアですが、諦めないで根気良く続けましょう。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク