背中に年齢が現われる?

 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

あなたは、最近、ご自分の後ろ姿を見たことがありますか?

そう聞かれると、「後ろ姿なんて、そんなに簡単に見られない!」と思われるかもしれません。

そうですよね、普段は、後ろ姿をあまり気に掛けない方が多いと思います。

そんなに太ったり痩せたりしていないから、後ろ姿に変化はないのでは?

そのように考えるのも、当然の事だと思います。

しかし、後ろ姿には、以外と年齢が現われてくるものなのです。

スポンサードリンク

あなたが道を歩いていて、ふと前を歩いている人を見た時、「服装は若そうなのに、あまり若い人には見えない」と思った事はないでしょうか?

また、久し振りに会った人の後ろ姿を見て、「この人、ちょっと老けたなぁ…」と感じたことはないでしょうか?

以前と比べて、そんなに背中が丸くなっていなくても、肩から背中にかけてうっすらと付いたお肉が、人を老けて見せるのです。

自分の後ろ姿を確認して、ちょっと丸くなっているのを見つけると、「これは大変!」とばかりに、背中をピンと張ってしまうと思います。

勿論、ピンと姿勢を正すのは良いことですが、しかし、それだけでは、老けて見える背中の丸みは改善できません。

ではどうすれば良いのでしょうか?

それは、普段から、肩を回したり、前後左右に屈伸したりなどの運動をして、背中の筋肉を動かしたり、腹筋や背筋を強化する運動をするのが良いのです。

背中の筋肉を動かすことによって、余計なぜい肉が付きにくくなり、腹筋や背筋を鍛えることによって、内臓周りをしっかり保てるようになるので、キレイな姿勢でいることが楽になってきます。

普段見えないところにも、老化の兆しは現れてきます。

時々、後ろ姿を確認して、アンチエイジングにつとめましょう。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク