30歳からのスキンケア

 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

20代のころは、化粧を落とさずに寝てしまっても、化粧水やクリームをつけなくても、翌朝のお肌はいつもとそんなに差はなく、ハリもあったのに・・

30歳を過ぎた頃からお手入れを怠ると、翌朝はファンデーションのノリも悪くてカサカサお肌、そんな日は朝から少しブルーになってしまいます。

どうして20歳と30歳のお肌は違うのでしょう。

それは、お肌の細胞が生まれ変わる速度と関係があります。

身長も伸びたり縮んだり、人間は毎日変化しますよね。

それと同様、あなたのお肌も毎日変化します。

スポンサードリンク

お肌というのは、地層のようになっていて、下から上へと細胞が生まれ変わっており、この生まれ変わるサイクルを、お肌のターンオーバーと言います。

ターンオーバーには、個人差がありますが、20代では28日、30代では40日、40代では55日、50代では75日と言われています。

理想のお肌のリズムは28日でターンオーバーが行われる事だと言われています。

20代では28日で新しいお肌に生まれ変わっていたのに、30代では40日もかかってしまいます。

まるでゲームの「テトリス」で、ブロックが正常に並べられず凸凹に積み重ねてしまう様に、リズムが狂うと肌細胞が正常に並べられず、しわになったり、水分補給も正常にできず、カサカサなお肌になってしまうのです。

ターンオーバーを正常なリズムに戻すために必要なのは、「水分補給」と「新陳代謝」を良くする事です。

具体的にどのような事が効果的かと言いますと、肌に充分な水分を補給するために、化粧水、乳液、美容液、クリーム等で毎日かかさず化粧水で水分を補給し、クリーム等で保湿をしてあげることです。

そしてマッサージや半身浴などで血行を良くし、新陳代謝を良くする事です。

また、肌の生まれ変わる時間、22~2時の間に、充分な睡眠をとる事も大切です。

20歳の頃はケアをしなくても美肌は保てましたが、30歳からは毎日ケアをしないと美肌を保つのは難しいのです。

ですから、30歳すぎたら、正しいスキンケアを習慣にしましょうね!

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク