乳液の種類!乳液を塗るタイミングって?

 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

乳液は成分と役割によって、分けることがあります。

「エマルジョン」や「ミルク」とも呼ばれています。

乳液の種類も大きく分けると3種類あります。

●保湿乳液

一般的に良く使用されている保湿効果のある乳液全般を指したものです。

●UV乳液

乳液の役割、プラス美白効果のあるものです。

スポンサードリンク

●ティント乳液

乳液の役割にプラス、ファンデーション効果が含まれた乳液のことで、つけるとほんのり肌色になり、顔色をカバーし、保湿もしてくれる便利な乳液です。

ティント乳液は、洗顔をして、化粧水で顔に水分補給を行った後に使用します。

皮膚に水分&油分を与えて、皮膚からの水分の蒸発を防いだり、お肌をなめらかにしてくれます。つまり「ふた」の様な役割をしてくれます。

乳液には、朝用と夜用に分かれているものが多くあります。

朝用は、化粧下地、UV効果を含むタイプが多く夜用に比べ油分が少なく、メイクが油分で崩れてしまわないように配慮されたものが一般的です。

夜用は、朝用に比べて油分が多く、水分を逃がさないタイプが多いです。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク