化粧水の種類!化粧水を使いこなそう

 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

化粧水にも種類があり、どの化粧水をどのタイミングで使うのが効果的かをご存知ですか?

大きく分けると「一般化粧水」「ふき取り化粧水」「収れん化粧水」の3種類です。

●「一般肌用化粧水」

特別な表示のない、みなさんが良くお使いになられているのはこの「一般化粧水」です。

肌に水分を補給して保湿したり、毛穴を開き、肌をやわらかくする効果がありますので、次に使用する化粧水や乳液の浸透を良くしてくれます。

●「ふき取り化粧水」

洗顔だけでは落としきれない、古い角質や汚れをふき取ってくれる化粧水です。

スポンサードリンク

古い角質をそのままにしておくと、化粧水の浸透を妨げてしまいます。

水分の浸透を妨げてしまうと言うことは、ターンオーバーがスムーズに行われなくなり、肌の生まれ変わりのサイクルが乱れてしまい、シミやたるみの原因になってしまいます。

ふきとり化粧水の中には、メラニンを含んだ角質を取り除いてくれる優れものもあり、美白効果もあります。

●「収れん化粧水」

肌を引き締めてくれる効果があります。「収れん」とは、縮めるとか引き締めるという意味です。

そして皮脂を抑える効果もあります。顔全体ではなく、気になる部分にのみつけるのも良いでしょう。

使い方は、ふき取り化粧水で汚れをふき取ってから、一般肌用化粧水で水分を補給し、収れん化粧水で引き締めるのが適していますが、一般化粧水のみ、ふき取り化粧水のみの使用でも、普段のお手入れは問題ありませんし、効果も充分に得られます。

しかし収れん化粧水のみ、保湿効果はあまり期待できないため、他の化粧水などで水分を補給してから使用するのが一般的です。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク