冬のスキンケア

 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

クリスマスにお正月にバレンタイン、たくさんのイベントがある冬。

雪景色はロマンティックで好きだけど、お肌のカサカサ乾燥してしまうのが嫌な季節。

秋よりさらに保湿ケアをして、心もお肌も潤いましょう。

それでは、冬のスキンケアのご紹介です。

●洗顔

空気が乾燥し、室内では暖房でさらに乾燥しています。

おかげで毎日カサカサお肌に悩まされている方がたくさんいらっしゃると思います。

スポンサードリンク

冬の保湿、潤いを逃がさないためにはどのようなスキンケアが必要なのでしょうか。

まずは、洗顔の際のお湯の温度。朝起きて寒い中、ついつい熱いお湯で洗顔しがちですが、冬の肌はデリケート。

乾燥肌の方は26~28℃位のぬるま湯で洗顔するのが良いそうです。

洗顔料も、しっかりと手のひらや専用のパフで泡立てて包み込むように洗い、やさしくタオルで拭取りましょう。

●乾燥

冬になると皮脂の分泌量は少なくなり、皮脂膜をつくる力も弱くなり、肌の水分は蒸発して、乾燥していきます。

ついつい油分の高いクリームをつけるだけで安心してしまいがちですが、まずは化粧水で水分をたっぷり補給してから、油分の高い乳液やクリームなどで保湿をして、お肌に「ふた」をする事により、水分がしっかり肌に浸透し、潤いが生まれるのです。

ですから、コットンなどに化粧水をたくさん含ませ、まずはしっかりと肌に化粧水を浸透させましょう。

また、リップや目の周りなど、乾燥しやすい部分には、専用のクリームなどでケアすることも大切です。

乾燥により肌の水分が失われてしまうと、くすみやしわの原因にもなってしまいます。

毎日の丁寧なケアにより、雪のように真っ白でふわふわな素肌を手に入れましょう。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク