夏のスキンケア

 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

日差しもぐんぐん強くなり、海水浴、プール、ドライブ、旅など、お家でゆったり読書も良いけど、アウトドアに夏ならではの遊びを楽しみたい。

ステキな夏の思い出を作りたいけど、シミやそばかすは作りたくないですよね。

それでは、夏に必要なスキンケアをご紹介します。

●紫外線

紫外線には、「レジャー紫外線」と「生活紫外線」と呼ばれる二つの種類があり、夏の日焼けは「レジャー紫外線」が主な原因です。

肌の表面に急激に作用して赤みや炎症を引き起こしたり、シミやソバカス、乾燥の原因にもなります。

スポンサードリンク

対策としては、みなさんも一度はお使いになったこともある「日焼け止め」です。

しかし、日焼け止めも年々種類が増加して、どれが効果的なのか迷ってしまいますよね。それでは選び方などをご紹介します。

まずご自分の肌に合うかサンプルで腕や首筋、顔の部分につけてみましょう。

赤くなるものは肌に合っていない証拠なので辞めたほうが良いでしょう。

そしてSPFやPA表示についてですが、SPFは「レジャー紫外線」をカットできるレベル。

PAは、「生活紫外線」をカットできるレベル値を表記しています。

夏は、「レジャー紫外線」が強いため、SPF表記のレベルを基準に選びましょう。

以前はSPF100や120といったタイプもありましたが、日本で生活する場合は、50あれば充分な為、50までに表記が統一されました。

SPFのカットレベルの目安は、日常生活は20前後、外に出ることが多い場合は30、外に長時間いる場合、海や山などでは50が良いでしょう。

付け方は、手にとってから肌に付けるのではなく、直接肌に付けてから手でのばすのが効果的です。

そして外出時、こまめに付け直すのが良いでしょう。

●美白

そして、たっぷり紫外線を浴びたお肌には、シミを記憶させないように美白美容液やマスクなどでしっかりケアしましょう。

●乾燥・皮脂対策

洗顔をしっかりとし、たっぷりと化粧水、乳液でケアしましょう。

夏用のさっぱりタイプや毛穴を引き締めるコールドタイプのひんやりする化粧水もあります。

夏のお肌は皮脂で油っぽくなっているので、化粧水や乳液はベタベタするので良くないのでは?と思いがちですが、大切なのは皮脂のバランスを整えることなので、使ったほうが良いですよ。

ひと夏の思い出は胸に残して、シミとソバカスは消し去って、無かった事に。

消し去りたいひと夏の思い出もありますが・・それは、時間が解決してくれるはず。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク