春のスキンケア

 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

ようやく寒い冬を越えて、新しい春の訪れ。桜や小鳥のさえずり、たんぽぽ。

何だかわくわくしますよね。

そして、冬にお世話になったコートや毛布など、洋服やお布団たちも衣替えをしますが、スキンケアも季節によって合わせることが大切なんです。

それでは、春に必要なスキンケアをご紹介します。

●花粉

春と言えば「花粉」。冬よりも湿度も上がり、汗で細菌が繁殖しやすくなります。

不衛生な肌状態を続けているとすぐに吹き出物などができ肌荒れの原因になりやすいので、外出後はいつもよりもしっかりと洗顔をして、皮脂に付着した花粉などのよごれを落として肌を清潔に保ちましょう。

スポンサードリンク

花粉症用の市販の化粧水もたくさんありますが、花粉症の方は、皮膚科処方されたものが良いようですよ。

●乾燥

春先は、まだまだ湿度も低く、空気は冬と同じぐらい乾燥しています。

肌が水分を失うと、外的刺激に対しても抵抗力が弱くなるため、肌荒れも起こしやすくなります。

そのために、洗顔後はたっぷりと化粧水と乳液で水分補給して潤い肌を保ちましょう。

マスクなんかも効果的です。

●紫外線

そして春は冬に比べ増加するのが紫外線。

紫外線は、日やけ、シミ・ソバカスの原因にもなるお肌の敵です。

特に春先は真夏に比べて日差しも強く感じないため、日焼け止めで紫外線対策をする方は少ないのですが、紫外線には2種類あります。

1つは、「レジャー紫外線」といわれるもので、肌の表面に急激に作用して赤みや炎症おこさせるような真夏の海などでの日焼けの原因になるもの。

もう1つが「生活紫外線」と呼ばれるもの。肌の内側の深い部分にダメージを与え、シミやそばかすだけでなく、しわなどの原因にもなると言われており、しかも、家の中にいても窓ガラスも通過して肌に浴びてしまいます。

真夏のレジャー紫外線よりも長時間浴びてしまう可能性が高いため、予防が必要で、真夏より春の方が多いと言われています。

ですから、春先からきちんと日焼け止め対策をすることが大切です。

●美白

シミの基になる紫外線を春にも浴びてしまっていると言うことは、美白ケアも、夏だけでなく春から必要だと言えます。

化粧品、乳液で美白成分の含まれているものや、美白美容液がオススメです。

雪や氷が溶け、植物が芽を出す季節。花々がつぼみをつけ、満開になる。スキンケア効果でもっと美しくなって、優美な花を咲かせてください。

今までで一番すてきな春が訪れますように。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク